FC2ブログ

~ゆるゆるファミリーキャンプ~

慌ただしい1泊2日がメインの我が家。いつもせかせか。目指せ!のんび~りキャンプ

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

殿

Author:殿
三重県在住の4人家族です。
キャンプに釣りにスキーにツーリングに…
と、忙しく(?)遊びまわってます(^^

最新コメント

8月29〜30日 ふもとっぱらキャンプ場

20181116203738cd7.jpeg


ツーリングキャンプが初めての若葉マーク君とのツーキャン。
初めてなら、開けた場所からが良いかな?と思ってふもとっぱらへ。

予約してから知ったんだけど、ゆる△キャンの舞台になったキャンプ場だったのね。
道理で平日なのに人が多かったわけだ。

ま、初日は快晴。
からの、どんより曇り空。

キャンプ場に着いて、サイト設営してから河口湖方面へひとっ走り。

帰路買い物を済ませ、戻ったらご飯の準備。
今回は作ります。
相方が道具を色々と持ってきてくれたしね。




20181116203706211.jpeg



焚き火しながら、ぐだぐだと飲んで食ってしてたら、空からのプレゼントが(ー ー;)
天気予報も微妙だっから、まぁ仕方ないか。

いても通り、半ば気を失うまで飲んでから就寝。
相方は、飽きるまで焚き火を楽しんだそう。


20181116203723b35.jpeg


起きてみると、物の見事にスッキリしない天気。
夜中にそれなりの降雨があったから、スカッと晴れてくれても良かったのに…

こんな天気だから、富士山もほとんど見られず。
残念。(>_<)




この日の朝ごはんは、相方特製ホットサンド。
色々と持ってきてくれます。
でも、その分省略された道具もあるわけで…
イスとかマットとか。
いや、ね。
イスを削るかね、普通(^^;

ま、イスはともかくマットは持ってきたら良かったと言ってました。
次は両方持ってこような。

でも、ホットサンド美味しかった。
有り無しで言えば…
一人なら持って行かない、多分。
二人以上ならアリかな。


今回は残念な天気だったけど、よく晴れた日にもう一度来たいです。
スポンサーサイト



2018.6/26~27 古里海岸キャンプ場

IMG_1095(1).jpg



今回は、古里海岸キャンプ場に行ってきました。

三重県南部、紀伊長島の古里海水浴場にあるキャンプ場です。






フリーサイトと区画サイトがあるみたいですが、料金は同じ?

オートバイは1000円で、区画側を利用させてもらいました。

旅館組合が輪番制で管理しているそうで、予約時は美乃島さんのご主人?

が管理人さんでした。

基本キャンプ場に管理人さんはいません。

チェックインは電話で管理人さんを呼び出してやってもらいます。



キャンプ場は、海水浴場の施設をそのまま使っているなかな?

多分そうだと思います。



まずは施設説明から。


シャワーと炊事場。

IMG_1089.jpg IMG_1088.jpg IMG_1087.jpg

シャワーは冷水のみ。

海水浴シーズン以外で使う場合開栓してもらう必要あり。

今回は使いませんでした。

徒歩5分の位置に古里温泉があるので、そちらを使う方が多いそうです。



場内には1台だけ自販機があります。

海水浴場(キャンプ場)の堤防を入って直ぐ左側。

IMG_1086.jpg 

必ず必要ってわけじゃないけど、あると便利。

お酒の自販機があれば…


同じ場所にはゴミ捨て場も。

IMG_1085.jpg 

ビン・缶・可燃ごみ・不燃ごみが捨てられます。

電池はなかったかな?

ツーキャンでごみが捨てられるのは有難い(*´∀`*)


写真奥はフリーサイト的な場所。

区画サイトは写真手前にあります。

チェックイン時の説明ではどこに張ってもOKって説明でしたね。

区画側の海岸寄りにテントを張っていた方がいたので、海水浴シーズン以外は

かなり自由に張れる感じです。



写真の通路は海水浴場を横断していて、この道の海岸側(写真右側)は地面が砂利。

うっかり入って行ってしまい、見事にスタック!しました(T T)

泣きたくなければ進入禁止ですヨ!!

それとこちら側は早朝地元の方が通ります。

奥に駐車場があり車も何台か…

犬&人の散歩ですね、多分。

気になる方は海岸に入って右側に張ることをおススメします。

トイレが少し遠くなりますけどね。



さて、そのトイレ。

場内?に一か所だけです。

?が付くのは、トイレが防波堤の外側(民家側)にあるため。

海岸へ入る手前左側にあります。

IMG_1083.jpg IMG_1082.jpg IMG_1081.jpg IMG_1080.jpg

ほかの施設に比べ新し目。

和式の水が濁っているのは循環式のため。

洋式は多目的トイレに1か所だけ。

海水浴シーズンでなければ込み合うことはまずないかと。


さて、今回利用した区画サイト。


IMG_1102(Edited).jpg

よく覚えていませんが、10区画くらいあるのかな?

ロープで区切られていて、どのサイトも海岸寄りにもれなく傾斜が付いてきます。





区画サイト中央付近に街灯があり近くのサイトは明かりいらず。

さらにネットの情報では「電源なし」となっています、が!そこに電源がありました。

チェックイン時、「使いますか?使うならブレーカー入れますよ」って言われました。

今回は使う予定がなかったので断りましたから確認できていませんが、使えるハズです。

利用料1000円で、場所が限られますが電源使用OK!って気前良すぎd(・∀<)





こちらの地面は砂地または砂利。

ペグの刺さり具合は抜群。

なので抜けも抜群!

タープを張るなら長目のペグが必要ですね。



場内の説明はこんな感じ。

お風呂は先ほど説明した古里温泉に、10分ホテル季の座(ときのざ)の日帰り入浴。

他に、少し遠いですが、30分海洋深層水の夢古道おわせがあります。

古里温泉は露天なしですが安近と手軽。

夢古道は露天からの尾鷲湾の眺めが結構良いですヨ。

季の座は少しお高いですが、良いお風呂。

ロビーでくつろぐと動きたくなくなる…かも…


買い物は、10分圏内に「プライスカット」と「主婦の店」。

さらに地元店「長島ショッピー」が。

どこも地元の鮮魚を取り扱っていて新鮮!

少し変わった魚介類を求めるならショッピーがおススメですね♪

お酒だけならキャンプ場から国道に出て左(南)方向、トンネル通ってちょっと走った右手に

酒屋さん(&自販機)があります。





さて、キャンプの話。


サイト設営して、コーヒー飲んで、薪拾い。

小さな流木がそこそこあり、すぐに十分な量を確保

そして夕方まで本読んでまったり。

ま、いつも通りの過ごし方ですね(^^;




地元の方の散歩タイムが始まった比にプライスカットへ。

今回もハナから調理する気なし。

いや、もうね、ソロだと面倒くさいんですよ、調理。

片付けも。

飲んだら面倒くささ倍増だし( ̄▽ ̄;)




買い物済んだら寄り道せずサイトに戻って、買ってきた刺身&惣菜で乾杯

暗くなったら焚火もアテにして一人酒を堪能しました♪





深夜になぜか雨が降ったものの、翌朝は快晴

ゆっくりと完全乾燥させてから撤収。

また来ますね~



2018.6/14~15 六ツ矢崎浜オートキャンプ場

ソロキャンプ解禁!


久々のソロキャンプ(オートバイキャンプ)に行ってきました。

一発目は琵琶湖東岸にある、六ツ矢崎浜オートキャンプ場

ここは琵琶湖沿いのキャンプ場で、フリーサイトのみ。

管理人は夕方には不在となり、売店もありませんが、水場、トイレ等必要な施設は揃ってます。

温水シャワーは無し。
お風呂へ入りたい場合は近くの温泉に行くことになります。

ごみは分別して捨てられます。
オートバイの場合、ゴミを捨てられるのは有難いですね。

利用料は、オートバイ¥1000+入場料¥500の合計¥1500でした。


IMG_1052(1).jpg 
IMG_1054(1).jpg

午後2時頃到着。
管理人さんはおらず、撤収中の方に聞いたところ、先に設営してよいとのこと。
後から管理人さんが徴収にくるらしいです。

奥の方にファミリーキャンパーさんが2組おられたので、誰もいない手前に設営。

場内には人工物あり、小さめの凹凸あり、でベストと思われる場所は結構限られるかも。

ちなみに、木陰は少なめです。



今回張ったテントは、20ウン年前から使っている(保管期間が長いですけど)もの。

久々に張ったら、フライのシームテープが一部剥がれてました。
帰宅後補修しましたが、タマには張ってやらないと、ですね(^^;

タープは、アメニティードーム用のフロアシート。

新しく買おうか悩みましたが、これで十分事足りるので、しばらく使ってみて考えます。



設営後、本を読んでゆっくりしたのち、近く(とはいっても7キロありますが)のスーパーへ。

調理するのも面倒くさかったので、お惣菜とお酒を買ってサイトへ戻り、一人宴会






そして、


IMG_1061.jpg


焚火




いつの間にか夜が更けて…








…気が付けば朝(笑)



一人酒は酔いが早い


2日目は雨の予報だったので、さっさと朝ご飯を食べてサクッと撤収。


帰路雨に降られましたが、無事帰宅できました。


まあ、雨には慣れっこですから。








ちなみに、今回のパッキングはこんな感じ。


IMG_1072(1).jpg IMG_1074(1).jpg IMG_1075.jpg




改めて見ると、カッパが結構幅取ってますね。
(写真下左側の灰色がズボン、中央付近黒色が上着)


もう少しコンパクトにしたいけど難しいか?

今後の課題ですね(^^;




今年も届きました。

半年に一度やってくる、スポオソからの召集令状。

今回も無事?我が家に届きました。



そこで、お嬢達に買うものがあり、その下見に…

と気軽にお店へ行ったのですが…



店を出るときに、なぜかお財布が軽くなってました。


ふっしぎ~(笑)









日本ブログ村に参加してます♪ 

よろしければ覗いてみてネ
(・∀<)
(下の写真をぽちっとどうぞ)   

   にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ             
        にほんブログ村           ファミリーキャンプ ブログランキングへ

       にほんブログ村 アウトドアブログへ           
        にほんブログ村           アウトドア ブログランキングへ


インフレータブルマット使ってきました~♪

先日コストコで買ったインフレータブルマット

長さ189.2cm・幅63.5cm、厚さ5cm(枕部分7.6cm)


DSCN4907.jpg
DSCN4908.jpg  
 


先週末のキャンプ(グリーンウッド関ヶ原)で早速使ってきました(^^


DSCN4926.jpg


傾斜の関係で、頭が出入り口に向いてますが…(^^;


使ったマットは、写真に写っている

   薄いテントマットとインフレータブルマット

だけ。

マットは、先日お伝えしたように、まずはバルブ解放2分。

その後12~3回空気を入れればパンパンになりました。





マットの上に立つと、流石に底着きします。

でも、座ったり寝転がるだけなら底着きしませんでした。


厚み十分なマットは適度な沈みこみで、かなり贅沢な寝心地です。

カミさん談

   これまでのは腰が痛かったけど、今回は全く痛くなかった。


ちなみに、これまでのマットは

   15mm銀マット+アメド付属マット+写真のテントマット

というもの。

結構、というか、かなり嵩張ります(^^;




さて、インフレータブルマット。

幅があるので、寝返りも楽チン♪

ふちが少し厚めなためか、マットからずり落ちることもありませんでした。
 
寝返りなどで、マットが動いて間に隙間が出来るかな?

と思いましたが、それも大丈夫でした。



枕は、頭の部分が体の部分より厚手。

なので、低い枕が好みの方なら、なくてもそれほど不自由ないかも…です。

でも、自分としては枕はあった方がいいかな?って感じでした。
 


2日目の朝方は、気温が5度を下回り寒い夜に。

しかし、マットのおかげで冷気が上がってくることはありませんでした。 








コンパクトになるし、快適だし…

レギュラーメンバー入り決定です(^-^)




日本ブログ村に参加してます♪ 

よろしければ覗いてみてネ
(・∀<)
(下の写真をぽちっとどうぞ)   

   にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ             
        にほんブログ村           ファミリーキャンプ ブログランキングへ

       にほんブログ村 アウトドアブログへ           
        にほんブログ村           アウトドア ブログランキングへ


 | ホーム |  »

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム