~ゆるゆるファミリーキャンプ~

慌ただしい1泊2日がメインの我が家。いつもせかせか。目指せ!のんび~りキャンプ

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

殿

Author:殿
三重県在住の4人家族です。
キャンプに釣りにスキーにツーリングに…
と、忙しく(?)遊びまわってます(^^

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月18日浦谷オートキャンプ場(三重県大台町)二日目

浦谷オートキャンプ場2日目。
 何とか空。
 朝から管理人さん(娘さん)が来てくれ、今日も
  卵産んでたら持って行ってくださいね
と声を掛けてくれました。
  やった~♪
と早速おチビさんたちが鶏舎へ向かい、2個をGETしてきました。

 ちょうどその頃、お腹も空いてきたので、朝食の準備に取り掛かる。
 2日目も朝からホットプレートにご活躍頂き、作ったのはホットケーキ
 使った卵はもちろん、昨日頂いた卵です。
 この卵、ここまで色々と苦労があったとのことで、飼い始めた当初は卵の殻が硬くなく、ふにゃふにゃだったそうです。
 また、「卵黄が白っぽく、とても”美味しそう”に見えなかった」と言っていました。
 問題は餌にあったそうで、餌を試行錯誤して、ようやく人前に出せる卵になったそうです。

 卵を割ってみると、卵黄が箸でつかめるくらいしっかりしていて、とっても元気?な卵でした^^
 さて、こんな良い卵で作ったホットケーキが美味しくないはずもなく、4人分+αがあっという間にペロリ。

 お腹がいっぱいになったら、遊びたくなるのが子供たち。
 朝から元気いっぱい!
   川で遊びた~い
を連呼しています
 こんな時にも、食後の後片付けが楽だと行動が早くてGOOD。
 ホットプレートは持ってきて正解でした。ま、蛇道ですけど、子供が小さいうちは使っていきたいですね

 ささっと、後片付けを済ませ、子供たちと川へ入る。
   冷たい
 長靴をはいて入りましたが、かなり冷たいです。
 これではこの時期に泳ごうなんて、考えもしないでしょう^^;

 さて、この川には鮎等の魚の他、
   沢ガニ
がわんさかいる、とのことで、早速沢ガニを探します。
 流れの緩いところの石をひっくり返して・・・と。
 いるわいるわ。
 大小さまざまですが、たしかに”わんさか”いました。


IMGP0495.jpg 

 直ぐにこれくらいは捕獲できます♪
 子供たちはもちろんあっという間に水浸し。
 冷たいのに良くやるわって思っちゃいますが、自分の子供のころを考えると、濡れるのも楽しかったような記憶があり、また、子供たちの楽しそうな顔を見ると、”風邪引くぞ”なんてとても怒れないですね~

 さて、さすがに水温が低いためか、1時間も遊ばないうちにチビさんたちから”上がる”と言ってきたので小休止することに。
 テントに戻る(とはいっても、川の真上ですが)と、そこには珍客が出迎えてくれました。

IMGP0502.jpg 

 タープの天井付近にいるんですがわかります?
 そう。
 沢ガニ
です。
 最初見たときは”うわっ!おっきなクモだ!!”って思っちゃいましたよ

で、良く見てみると何かを一生懸命食べてます・・・

IMGP0498.jpg 

 緑色?おおっ!!昨夜食べていた”枝豆”じゃないですか
 昨日落として拾い忘れていたものでしょうね。
 それにしても、沢ガニってこんなものまで食べるんですね^^;


 この後、子供たちの着替えを済ませ、撤収中のテントでかるた遊び。

IMGP0510.jpg 

上の子の鼻に突っ込んであるのはティッシュです。
良く鼻血を出すんですよ~

かるた遊びに飽きてきたころ、またも雨が降ってきました。
 時間は午前10時半。
 テントをすぐに解体して、屋根のあるセンターハウスへ移動。
フライシートは既に外して干してあったので、どちらもあまり濡れることなく片付けられましたから、間一髪ってとこでした。

 暇になったらお腹が空くのが子供達。
   おなか減った~
を連呼し始めました
 時間は10時半。雨が降っていることですし、少し早めの昼食とすることにしました。
 メニューは、
   たこ焼き
です。
 もちろん、ホットプレートで
 焼いて、食べて、焼いて、食べて・・・  
 焼きはじめは暇ですが、焼けてくると、焼き番・食べ番ともに忙しく・・・ 
 あっという間に完食となりました

 食べ終わったころには雨も小ぶりとなり、
  この隙に
と、慌ただしく荷物を撤収していきます


 荷物は出来る限りまとめて、プラスチックコンテナに放り込んであるので、基本的には積んでいくだけ。
 でも、さすがにマットやシュラフに椅子は結構場所を取りますね~

 私の車には、スキーに浸かっているルーフボックスが乗っているんですが、今回コレが役に立ちました。
 テント等の濡れモノをポンポンっと放り込んだので、車内は比較的ドライに保つことができました。
 外すのが面倒臭くって、年中つけっぱなしなのですが、これでもう外す理由がなくなりましたね

 ほぼ撤収作業が終わったころ、管理人さん(ここの奥さん)がやってきたので、代金を支払いがてら、色々と話を聞くことができました。
 このキャンプ場は、昨年オープンしたばかりで、まだまだ整備中とのこと。
・自分たちはオートキャンプをやらないので、分からないことが多く、お客さんに教えてもらいながら、良いキャンプ場に育てていきたい。
・周辺には山しかないので、その自然を使った、さまざまなことを体験してもらうお手伝いがしたい。
そのために、電灯を一切設けておらず、星空がとてもきれい(今回は見られませんでしたが)だと言っていました。

 で、今回設備で”あった方が良いのでは?”と思ったものがあったので、二つほどリクエストしておきました。
 
 まずは、
・流しに明かりが欲しい。(もちろん常夜灯じゃないですよ)夜間に洗い物をした際、明かりがなかったので、ランタンを持ちながら洗いましたが、これは不便に思いました。
・流しに”屋根”が欲しい。雨の中傘をさして洗い物をしました。夏の日差しよけにも必要かと思います。
の2点。

 また、設備ではないのですが、今回雨の中でキャンプをしたため、地面のぬかるみが少々気になりましたので、特にテントサイト周辺の水はけについて要望しておきました。

 はっきり言って、他の有名オートキャンプ場に比べれば、規模・施設ともはるかに劣ると思います。
 どこか、”広場があったから、作っちゃいました”といった道楽的な部分が見えなくもありません。
 ですが、川があり、山があります。
 まだお客さんが少ないです。(良いことかどうかは別にして)
 キャンプ場の方がとても親切&アットホームな感じで居心地が良いです。
 ですから、のんびりと過ごすにはとても良いキャンプ場のように思えました。
 夏はプールや川で、秋は山の恵みを求めて、また訪れてみたい。そんな気になりました



=============================

 帰りの道中、勢和多気インターチェンジ近くにある、コケコッコー共和国へ立ち寄りました。

IMGP0518.jpg 

 この日は、無料期間最終日(休日1000円も)とあって、昼時を過ぎているのに食堂側は空き席待ちの人が並んでしました^^;

IMGP0515.jpg 


 食堂手前が売店、奥が足湯です。
   売店入口では、相可高校の生徒さん達が”出汁巻き卵”を販売していました。
 試食をさせてもらったところ、とても美味しかったので一本お買い上げ~
 
 その後、足湯に浸かり、さっぱりとしたところで家路に着きました。
 


===============================

周辺?の立ち寄りどころ

松阪農業公園ベルファーム
  お弁当持ち込み可。売店あり。遊具あり。物産品販売、各種体験・展示等。
みえこどもの城
  お弁当持ち込み可。松阪商業高校生徒さんによる不定期の売店。
 詳細は一日目の記事で!
コケコッコー共和国
 とり焼き、売店、足湯。卵やプリン、シュークリームが絶品。
五桂池ふるさと村
 小動物園など。有名な”まごの店”があります。ここで食事がしたかったら、かなり早めに行くべし!ですヨ。
奥伊勢フォレストピア
 温泉、散策路、レンタサイクル、遊具等。
道の駅奥伊勢おおだい
 物産品販売、食堂、売店。立ち寄りをお勧めしますヨ♪
大内山ふれあい牧場
 グラスボート、手造りバター教室等。
ミルクランド糸川販売店
 ソフトクリームが絶品。ミルクプリンもお土産に最適!。地元の野菜・鮮魚も販売。
大内山動物園
 小動物園です。入園料が少々高めですが、HPの”ごあいさつ”を一読していただければ、納得いただけるのではないでしょうか?





にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 日本ブログ村へ参加中です。よろしければ”ぽちっ”と一押しお願いします。
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。