~ゆるゆるファミリーキャンプ~

慌ただしい1泊2日がメインの我が家。いつもせかせか。目指せ!のんび~りキャンプ

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

殿

Author:殿
三重県在住の4人家族です。
キャンプに釣りにスキーにツーリングに…
と、忙しく(?)遊びまわってます(^^

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライシートの雨漏り補修!…その2

前回手に入らなかった、シームレステープをやっと入手しました。


IMGP0878.jpg


楽天市場でポチって、1500円くらい。
結構高かったです

パッケージを外して、テープを確認してみると・・・

IMGP0880.jpg 

かなり薄く、柔らかいです。
本当にひっつくのか?って感じ。
裏表があるので注意が必要です。


参考に、前回写真が無かった、シームシーラーはこちら。

IMGP0877.jpg 

ロゴス製で、補修テープまで入っています。
シームシーラーだけで良かったのですが、これしかありませんでした。




さて、今回も前回と同じく、準備する物は、
  ・アイロン
  ・アイロン台
  ・当て布(今回も薄手のタオルです)
の3点。

前回シームシーラーを塗ってあるので、今回はテープの貼り付けだけです。
準備が整ったら早速テントを広げ、作業開始です。
今回も古いシールの上からアイロンを当てていきますが、手で触ってポロポロ剥がれてくる部分だけは、むしり取っておきました。



IMGP0889.jpg 

まず、テープを貼る位置を決めます。
説明書きでは
   ”30センチづつ切って作業する”
ことを勧めていましたが、無視っていきます。
だって、継ぎ目がない方が綺麗に見えるでしょ?



IMGP0890.jpg 

次に、とっかかり部分を接着します。
一気にアイロンを当てていくと、失敗する可能性がありますので、あくまで”とっかかり部分”だけです。



IMGP0891.jpg 

そして、一度アイロンを離し、接着状態を確認した後、写真のようにテープと縫い目を確認しながらアイロンを当てていきます。



IMGP0893.jpg 

この時、接着面の少し先を手で押さえながら作業を進めるとスムーズに行きます

なお、アイロンを当てて行った時に、気泡が入ることがありますが、熱いうちに押しつぶして空気を抜いてしまえば、ぴったりと接着しました。


今回は、天井の縫い目が集中している部分のみ(痛みが一番激しい部分。それそれ天井から約1メートル)、の補修でしたので、1時間も掛からずに終了。




IMGP0883.jpg

古いシールごと接着しましたが、特に問題はなさそうです。

わざわざテントを組み立てて水を掛けるのも面倒なので、ぶっつけ本番
ま、大丈夫でしょう







 日本ブログ村へ参加中です。沢山の方が記事を書かれており、色々と参考になります。よろしければ覗いてみてください。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ 



スポンサーサイト

 | ホーム |  »

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。